EDの原因と対策

原因によって対策するべきことが決まるEDでは、自身が置かれている状況を理解するように努めることが大事です。EDの原因には、大まかに心因性のものと疾病によるものがあります。それぞれ有効な対策があるので、第一に原因を特定することが重要であるというわけです。

 

EDを克服しようと気が焦ってしまうことによって、悩みが解消できない事態に陥ることは少なくありません。このケースで効果的な対策は、ひとまずEDについて考えないようにすることです。人間が生殖活動を行う際には、心が落ち着いてなければなりません。パートナーのことを思いやるなど、自分本位の考えを捨てることがより良い結果につながります。EDも同様であり、近い将来に悩みが解消すると信じることによって気を張り詰めすぎないようにする必要があります。

 

トラウマが原因で、EDで長く悩むことになる場合もあります。原因を自身が把握している場合であれば対策が立てやすいのですが、そうでなければ解決するまでに時間がかかる傾向にあります。気が付いたときにはトラウマが心の奥深くに刻み込まれていることが考えられるので、これまでに歩んできた人生を思い出す作業が必要になるからです。

 

しばしばトラウマの原因として挙げられるのは、異性との思い出によるものです。異性の口から自尊心を傷つけられるような言葉を浴びせられたり、特定の態度によって自信をなくしてしまうことになった場面が考えられます。一つひとつの出来事を思い出す作業には根気が必要ですが、トラウマの原因を特定することができればカウンセリングによる対策を立てやすくなります。

 

心の状態がEDに影響を及ぼしていないのであれば、悩みが疾病によってもたらされていることが考えられます。疾病がEDの原因である場合には、ありとあらゆる医療行為による対策が施されます。投薬や手術など、対策は医師の判断に委ねられることが多いです。医師の指示に従い対策に応じると、悩みが解消する確率が高くなります。