高麗人参の効果や効能

滋養強壮を始めとして古くから知られている天然由来の植物の1つに高麗人参があります。高麗人参は2000年以上にわたって使用されているなど長い歴史がありますが、日本においては739年に渤海文王の使者より聖武天皇に献上されたのが始まりとされており、その後、広く使用されることになります。

 

高麗人参の効果や効能については様々な内容がありますが、特に血液系の疾患に関しては高い効果を発揮することがあり、低血圧や自律神経のバランスを正常に戻すなどの改善を図ることができます。また、赤血球や血小板など血液中の成分を増やす働きがあるために貧血に対しても効果を得ることができ、体のコリや冷え性、その他動脈硬化や抗コレステロール作用、血栓の防止などにも利用をすることができるようになっています。高齢人参はサポニンという物質を含んでいることでも知られており、ここではインスリンと同じような働きがあるために、糖尿病になりにくり身体を作ってくれる機能も持っています。

 

高麗人参は、使用することで生活習慣病などを始めとして様々な症状に効果があることが知られていますが、摂取をする場合には副作用に関しても知っておくことが大切なことになります。元来、大きな副作用の報告はされていないものの身体に合わない場合などでは注意をが必要となり、特に、摂取量に関しては定められた用量を守る必要があります。一般的なものとしては不眠や動悸、頭痛や発熱、また、めまいやのぼせといった症状があり、高血圧の人の場合には血行が促進されてしまうために服用には十分な注意が必要になります。心臓病などを始めとして他に症状がある場合には、事前に主治医と相談をすることが大切なことになり、くれぐれも自分の判断だけでは使用しないようにする必要があります。

 

高齢人参の摂取では、アレルギーを持っている場合には注意が必要になります。この場合、かゆみや発疹、赤みが出やすくなる可能性があり、これは血行が促進されることで起こる症状となります。また、風邪による発熱や、おできや腫れものができている場合にも悪化をさせてしまうことがあるために注意が必要となります。